nicchibi知育あそび GENTEN

毎日、子気どもの傍らにいて、ある日、ふと、今更なのに、気づいた。子どもって凄い!!と

目覚めた瞬間から、何かに手を伸ばし遊び初め、そして、おもちゃをその手から

ポトリと落とし眠入る瞬間まで、ひたすら懸命に遊び続ける。

大人には到底できない、たくましい子どもの遊ぶ力に感動!

 

折に、小児がん病棟の先生よりこんなお話を伺った

「昨夜は子どもたちみんなで集まって、トランプをしました。
負けないように懸命に考えてカードを切り合って、いっぱい笑った。とても、とても楽しかった。
でも、次の朝Y君の様態は急変。そして、その夜Y君は空の星になりました」

「ここいる子たちは、皆、病気と闘っています。でも夢中でみんなと遊んでいるときだけは、
その不安や痛みから解放されます。遊びは生きることそのものです」と。

 

そして・・・お手玉の起源の話

昔々(紀元前○○から)の人達は動物の骨や石ころを放り投げたり、手で受けたり
そうして遊んだのがお手玉の始まりだったという。

人は特別なものが無くても、自ら楽しみを求め「遊び」や「おもちゃ」という道具を
創り出す力があり、遊ぶ楽しさを共感しあうことに喜びを感じるのです。

特別でない
当たり前のこと
それがGENTENです

 

 

 

人間が持って生まれた「遊ぶ」パワーを信じて