8月お薦めの絵本 「ねないこだれだ」

ども よこ先生です。

さて、今日で8月も終わりですね。

今日は8月お薦めの絵本を1つご紹介します。

こちら、副音館書店発行
せなけいこさん作、絵の「ねないこだれだ」

お化けの絵本です。

「おばけってなぁに?」「おばけみたことある?」
「おばけってホントにいるのかなぁ」

その答えはパパにもママにも、誰にも分かりません。

だから、おばけは怖いのです。

いけないことをした時に
なんだか怖いものがやってきて
あなたをどこか、知らないところに連れて行ってしまいますよ。
あなたも、おばけになって飛んでいけ~。

絵本のおばけはそんなメッセージを運んできます。

「いけないことしちゃったかな」
「おばけに連れていかれないように
ちゃんとしよう」

子ども心にそんな思いがこっそりと芽生えたら
しめたものです。

昔は「地震、雷、、火事、おやじ(父親)」が「怖いもの」だったそうですが
今はパパは優しいから、時には「おばけ」に頑張ってもらうのもいいかもしれませんね。

子どもの世界に「なんだか怖い」ものがあるのはいいことです。

ただ、くれぐれもおばけを躾の「脅し」に
使わないこと。
「ママも怖くなっちゃったぁ~」と一緒に気持ちを共感してあげてください。

だって、ママの所にもおばけは飛んでくるかもよ~。👻

 

 

   日本知育あそび協会HP ➡ 

  http://nicchibi-assoc.com

   アメブロアーカイブ ➡
 http://ameblo.jp/moon7yoko9ruru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です