自然の観察力と形あそびの「葉っぱ拾いゲーム」をしよう!!

葉っぱが色ずく前に

公園に出かけて「葉っぱ探し」ゲームをしませんか。

まず、オニが(お子さんと遊ぶときはママ)公園の木の葉を1枚ずつ拾ってきて並べます。

目をつむって待っていた子が、どの木の葉っぱなのかを探し、当てるだけ。

そんな簡単な遊びです。

 

公園にはいろいろな木があって、よく見ると葉っぱの形も、色も違うはず。

4,5歳のお子さんなら、木を見上げて自分で同じ葉っぱを見つけに行けれるし、小さな子なら、ママに抱っこしてもらいながら「丸い葉っぱだね」「これは小さい葉っぱだね」と取ってきた葉っぱと同じ葉を見つけて回る。

「これはどうかなぁ?同じかな?違うかな?」と、一緒に見て歩くだけでも楽しいと思います。

 

よく見る力は大切です。

「葉っぱ探し」は、自然を観察する力、ものの形を注視する力が育ちます。そして「みーつけたぁ!!」の<発見>の楽しみもありますね。

 日本知育あそび協会HP ➡ 

  http://nicchibi-assoc.com

   アメブロアーカイブ ➡
 http://ameblo.jp/moon7yoko9ruru

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です