子どもの不思議?を育てる、影ふみで遊ぼう

秋の日はつるべ落とし・・・

真っ赤な夕焼けを見ていても、その中に太陽がストンと沈んでしまう、ちょっとあっけない季節。

でも、夕刻には西日がとても強くなり、「影ふみ遊び」には持って来いの季節ですね。

ちょっと寒いけれど、しっかり上着を着て、一緒に公園へ行ってみませんか。

始めて影ふみ遊びをするときには

ママが西日を背に立ち、日陰から出たり、入ったりして、影を指さして、それに気づくようにしてあげるといいです。

そして、次にはお子さんの影を差して「○○君の影、踏んだぁー」と言って遊びます。

お子さんは動くたびに自分の前、後ろにできる影に気づくでしょうか。

「これはなんだぁ?」と思ってくれたら、しめたものです。

「?」が知識の扉を開いてくれるのですから、子ども達にはたくさんの「?」を感じて欲しいですね。

そして、私たちおとなも、

暫く会っていなかった「もう一人の自分」に気づくきっかけになるかもしれませんよ。

 

日本知育あそび協会HPが新しくなりました。
「にっちび知育あそび」について、皆様に知って頂くべく様々な
コンテンツを用意しました。見に来てくださいね

こちらから➡https://nicchibi.com

 アメブロアーカイブ➡     http://ameblo.jp/moon7yoko9ruru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です