初めてのパズルは手作りで

形の知育あそびを楽しむための、初めてのパズルはお家にある身近な「絵」を利用して、手作りすることができます。

例えば子どもの好きな絵が載っている古くなった雑誌やチラシ。

それを、四角に切り取って、画用紙に貼るだけ。

始めは2等分。つまり、「半分」の形合わせ。

「縦切り~ザクッ!!」と手刀を使って切る真似をすると、子どもも同じように

「たて切り~(*^^*)」と切ってくれます。

「パッキ~ン!!」と切れたら

今度は横切り。

またまた「パッキ~ン!!」と切ってみる。

切り方によって見える形が違うことが楽しいね。

パズルは「合わせるもの」と思ってしまいますが、元の形がバラバラになる楽しさもあります。

「破壊」が好きな小さな子は特にそんな遊びが楽しいのです。

「バラバラになったから( ^ω^)・・・。

次は元に戻しましょう。

二分の一、三分の一・・・と、何回も繰り返すうちに要領も分かってきてやがてピースが増えても自分で組み合わせていけるようになります。

「あれれ?こんなふうに切れちゃったぁ~」

と、間違えて見せたら、子どもが直してくれるかもしれませんね。

 

1歳前でまだ、自分で組み合わせれなくてもそんな形の変化を見ることで「ものの形」を認識する力がついていきます。

 

日本知育あそび協会HP
「にっちび知育あそび」について、皆様に知って頂くべく様々な
コンテンツを用意しました。見に来てくださいね

こちらから➡https://nicchibi.com

 アメブロアーカイブ➡     http://ameblo.jp/moon7yoko9ruru

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です