トマトをもいで食べるだけ!も大切な食育です

今年は雨が続いて、庭のプランターのトマト。まだまだ青い。

「早く赤くならないかなぁ」
「おいしいトマトになるといいねぇ」

そんな話をしながら、子どもと見る
プランターに植えた1つのトマトの苗は
収穫の時の嬉しさを心待ちにしてくれます。

トマトはぐんぐん伸びて黄色の花が咲いて、やがて実をつける。

「観察」とかいう難しい課題はまだまだ先の事にして
実が赤く色むことだけを心待ちにする。
そんな気持ちをお子さんと共有したいですね。

 

で、我が家のトマト。

 

ふと気が付けばいつの間にか実は赤く色味、パチンとはぜているものもあるほど。

少ない太陽でもがんばったんだね。

早速収穫いたしましたぁ。

ちょっと汚れをふき取って、
「ガツッ!!」とかぶりつく。
(小さな子はちょっと抵抗があるかもしれませんね。 (^-^;))

味も食感も、マーケットで売っているものとは確実にちがい、甘くて濃い~ (^_-)-☆

「生きているトマトをもいで食べる」!!
五感全開。

「生きる力」つてこんな簡単なことから、いつの間にか育まれていくものです。

 

ワイルドな子どもが育ちそうですが、
これこそ、幼い子ども達に経験して欲しいことの一つでもあります。

 

 

日本知育あそび協会HP ➡ http://nicchibi-assoc.com

アメブロアーカイブ ➡ http://ameblo.jp/moon7yoko9ruru

「猫とたまごと青空」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です