みかん運びバケツリレーで重さの概念を育てよう!

春のような日差しを感じたかと思う日があれば急に小雪が舞ったりと、気温や天気の気まぐれさに戸惑う2月です。

コロナの緊急事態宣言下、すっかり「お家時間」にも慣れました!?

でもやっぱり何かもの足りない。  (;´Д`)
早く思い切りみんなと遊べるようになりたいものです。
仕方ない、仕方ない。
それも、しばらくは辛抱、辛抱。

では、おうちの中で元気よく「バケツリレー」の遊びはいかがでしょうか。

同じ大きさのバケツを2つ用意して

その中に、ミカン?バナナ?なんでもいいけれど子どもが「重い~」を感じられるくらい入れて運ぶ遊びです。

子どもに「とても重いものを持たせる」なんて、普通のパパ、ママはさせないかもしれませんが…。

だから、あえてお子さんに頑張ってもらいます。

ポイントは、

  1. 同じ大きさのバケツであること。(100均でOK)
  2. 中に入れる者は同じもので、バケツの中の数があきらかに多いVS少ない!であること。

たくさんみかんが入っているバケツを持つのは「重い~」よね。みかん1つだけ入ったバケツは軽いよね。

「重い~」が感じられなければ、「軽い」の感覚は持てないものです。

 

あっちこっち運んで遊んでいるうちに「どっちが思い?どっちが軽い?」の質問に、子どもでも、バケツの中のみかんの「数」を見ただけで「重い・軽い」が分かるようになるのです。(^_-)-☆

 

日本知育あそび協会HP
「にっちび知育あそび」について、皆様に知って頂くべく様々な
コンテンツを用意しました。見に来てくださいね

こちらから➡https://nicchibi.com

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です